HOME

抜け毛を防ぎ、発毛させるための育毛

抜け毛が気になる男性の年齢について、一昔前は男性が抜け毛や薄毛を気にする年齢は30代中盤や40代にはいってからでした。徐々に髪の毛が細くなる、白髪が増える、朝起きると抜けた毛が枕元に落ちていて気になる。年齢重ねた事で仕方ないかと納得しつつも寂しさを感じたり、自分の肉親でハゲた人がいれば次は自分の番かと恐怖したり。

しかし、昨今では20代から抜け毛、薄毛に悩む人が増えています、昔と違い現代の生活環境が変わったことによる生活環境が原因、不摂生な生活が原因、ストレスが原因など若者が悩む抜け毛、薄毛の原因は多岐に渡ります。当サイトは発毛させるための育毛について原因、改善方法、効果の高い育毛剤の紹介、特徴などについて解説しているサイトです。

薄毛、若ハゲは遺伝するのか?

祖父、父親の髪の毛が薄いと息子も髪の毛が薄くなる、禿になる確立が高いと言われますが実際のところ髪の毛の問題は遺伝するのでしょうか?実は男性系の遺伝が髪の毛に影響するというのは誤解された認識で実際のところ髪の毛の遺伝が強いのは母方からの遺伝になります。これは男性ホルモン受容体遺伝子と呼ばれるもの遺伝子に関係しており、この男性ホルモン受容体遺伝子は男性ホルモンの影響を受けやすく、影響が強いと「AGA」になりやすいのです。

*「AGA」については後述、「AGAとは」を参照してみてください。

この男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上にあるので男性遺伝子ではなく女性遺伝子、つまり母方からの遺伝子が影響するわけです。例えば母方の祖父、母の兄弟に髪の毛が薄い、ハゲの人がいる場合は母親の子供にも遺伝子が影響する可能性が高いということになります。ただし、遺伝子的に影響があるから必ず薄毛になる訳ではなく後天的要因(生活習慣や環境のストレス)で髪の毛が薄くなる人が多いのが現状です。

若ハゲ・AGAに関して詳しくはこちらに情報がまとめられています。
若ハゲ対策・薄毛AGAの改善を育毛剤やクリニックで解決するための方法をまとめた若ハゲ撃退カレッジ

頭皮ケアにマッサージの効果

男性、女性問わず髪の毛をケアで大事なのが頭皮ケアです。頭皮ケアは例えるなら良い作物を生み出すための土壌と同じでどんなに良い堆肥を使っても土自体が悪ければ良い作物ができないようにどんなによい育毛剤やシャンプーを使っても頭皮の状態が悪いと望む結果を得ることが難しくなります。

● 頭皮ケアの仕方について

頭皮ケアの具体的な方法について説明してみます。上野に覆われている頭皮は普段なかなか目にする機会が少なく、それ故に頭皮の健康状態のチェックも疎かになりがちです。頭皮を毎日、鏡に照らし合わせながらチェックするのは手間がかかりますが、もっと手軽にできる頭皮ケアは普段使用しているシャンプーリンスを見直すことです。

● シャンプー、リンスを変えることで得られる変化について

髪の毛がサラサラになる、指が通りやすくなると謳われているシャンプーはここでは除外します。理由は脂性の強いシャンプーは髪の毛の表面は保護してくれますが、その強い脂が頭皮、毛穴を健康な状態に保つための障害になるためです。

シャンプーやリンスは頭皮に付着すると毛穴を塞ぎ本来、毛穴から生えてくるはずの髪の毛を細くしてしまいます。これが継続すると薄毛となり最終的に脱毛に繋がります。

選ぶべきシャンプーは脂性の低いもの、頭皮への刺激が弱いものとなります、具体的にはアミノ酸系シャンプーの中から自分にあったシャンプーを選ぶことになります。

シャンプーの頻度で多いのが朝シャン派と夜就寝前にお風呂に入ってのシャンプーです。女性の場合だと毎日シャンプーする習慣をもっている人のほうが多いと予想されますが実際にはシャンプーの頻度は週に2,3回程度で良いと言われています。

週2,3回程度のシャンプー以外の日はお湯で髪の毛をすすぐだけで充分でそれだけで髪の毛の汚れを落とすことができます。毎日のシャンプーも当然効果がありますが大事なのはシャンプーの作業に頭皮へのマッサージを取り入れることです。

● 頭皮マッサージの仕方

頭皮マッサージは洗髪のときや気が向いたときに行うだけでも頭皮ケアにおいて効果がありますが、髪の毛を洗うときに頭皮マッサージをするのが効果的です。

頭皮マッサージの目的はマッサージによって頭皮の血行促進を良くすること、特に側頭部から頭頂部へ向かって指の腹で押しもみほぐすようにマッサージをする、次に前頭部から頭頂部に向かい同じようにマッサージをします。

マッサージでNGとなるのが下記のようなもみ方です。

:爪を立てて頭皮を揉みほぐす
:こする、叩くなど頭皮にダメージを与える強い刺激
:過度な強さでマッサージをする

これらは血行促進には繋がりますが頭皮の健康状態という点で頭皮にダメージを与えてしまいます。頭皮がダメージを追うと乾燥しやすいパサパサの頭皮となり痒みや疼き、大量のフケへとつながるので注意が必要です。また、これらの症状が自覚している場合は頭皮が健康な状態ではないというサインにもなります。

公開日:
最終更新日:2016/08/17