正しいシャンプー方法

シャンプー選びに知っておくべき知識

育毛剤を使用しているのに抜け毛が改善されない、薄毛が進行する、そんな悩みを持つ人が多くいますが、その原因と対策について考察してみましょう。まず、髪の毛の成長させる過程は作物作りに似ています。髪の毛=作物と考えてみると、頭皮=土壌とも言えますね。では、育毛剤は?育毛剤は堆肥と同じではないでしょうか?

農作物は土壌がよくないと幾らよい堆肥を与えても満足に育たないそうです。髪の毛の成長も同じでよい育毛剤を使用しても頭皮や毛穴周辺が改善されないと育毛剤の効果は低いものとなります。

頭皮改善に必要なのが頭皮に残っている余分な皮脂を取り除くこと、毛穴周辺の汚れを落とすことです。頭皮を綺麗な状態にして初めて育毛剤も効果が発揮されます。

汚れを落とすために刺激の強いアルコール系シャンプーを利用するのは控えてください、汚れも落とす代わりに刺激が強く頭皮が乾燥しやすく、フケが出やすくなる、炎症をおこすなど頭皮の状態が悪化する場合があります。

次に頭皮自体が栄養の足りない状態で育毛剤を使用しても効果が薄い場合、これは普段の食事内容に問題があるのがほとんどで髪の毛の成長に必要なビタミン各種、ミネラル、鉄分、タンパク質が充分に摂取されておらず髪の毛の成長に必要な栄養素が足りていない。

また周辺環境が喫煙者がおおいと血管が収縮して末端の毛細血管まで血液が充分に行き渡らないケースがあります。喫煙者の人はタバコの本数を減らす、禁煙するなど育毛剤の効果が得られるように積極的に環境を整えるほうが良いでしょう。

普段の生活で外食する際も喫煙席で食事するのではなく禁煙席に座るなど気配りが必要です。

正しいシャンプーの仕方について

意外と知らないシャンプーの仕方について、普段の生活で髪の毛を洗うとき濡らした髪の毛にシャンプーをつけてゴシゴシと洗っていませんか?その洗い方だと頭皮の汚れ、毛穴、髪の毛の汚れが充分に落ちていない状態です、育毛シャンプーには正しい手順があります。今回は育毛シャンプーの仕方について説明します。

● ブラッシング(最初はブラッシングから)

ブラッシングで髪の毛に付いているホコリや汚れを落とします。ブラッシングすることで古い角質(フケ)も落とします。毛穴の汚れを落とすには毛穴クリーナーを使い頭皮にマッサージするようにもみほぐします。指先で揉むのではなく指の腹でもむようにしましょう。

● 洗い

次にぬるま湯で髪を濡らします。先に髪の毛、次に頭全体を濡らします。毛穴クリーナーを落とすためマッサージするように頭全体を揉むながらぬるま湯で洗ってください。

● シャンプー

ここからシャンプー使います、シャンプーは手のひらで泡立たせてから髪の毛につけてください。頭皮ではなくまずは髪の毛の汚れを落とします。次に再度、少量のシャンプーを泡だて頭にのせ指の腹でマッサージしながら全体をもんでください。爪をたてると頭皮を傷つける原因になるので気をつけてください。

● すすぎ

シャンプーで洗った髪の毛をすすぎます。シャンプーが残らないように丁寧に行い何度か繰り返してすすいでください。

● リンス・トリートメント

リンスを使う習慣の人は育毛シャンプーを利用している期間はリンスを控えてください。髪の毛を保護する役目のリンスにはアルコール系シャンプーと同じ成分が含まれておりシャンプーで綺麗にした頭皮と髪の毛にはよくありません。またリンスを使うと取り除いた余分な皮脂の代わりに頭皮に脂質が残るのでリンスは使わないようにしましょう。

 

   

 - 正しい育毛シャンプー知識