AGAの知識と対策

AGAとは?

AGA(エージーエー)という言葉をご存じですか?英語で書くとAndrogenetic Alopeciaと書きますが、それを略してAGAと呼ばれています。日本語の場合では「男性型脱毛症」と言われる男性特有のハゲ薄毛の形を指します。

男性型脱毛症の呼び名に「M型」とか「O型」とか聞いたことがあるかもしれませんが髪の毛が後退していく形をこのように呼ぶことがおおく「M型」の場合、頭のこめかみ左右から頭頂にむけて徐々に後退していく。「O型」の場合は頭頂の髪の毛が薄くなりそれ以外は特に問題なく生えている状態です。

男性ホルモンは男性の筋肉、ヒゲ、体毛を成長させる役割ともっていますが男性ホルモンが髪の毛を成長させる機能は果たしません。髪の毛には毛乳頭と呼ばれる髪の毛の成長を司る根っこのようなものがあり、その毛乳頭には「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素があります。

この5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつくとジヒデストロン(DHT)という物質に変わり抜け毛、薄毛の原因となるようです。男性ホルモンが活発な場合、普段であれば髪の毛に影響しないはずの男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつく事があるのです。

現代、医学ではこの症状を改善、和らげることが可能ですが出来るだけ初期段階で治療することが大事です。進行が進んでいる場合、消失した髪の毛を戻すことが不可能であり進行をストップするので精一杯となってしまうケースが多数報告されています。

AGA対策に「フィナステリド」

抜け毛、薄毛予防の対策は初期段階で早く育毛を始めること、抜け毛の原因を解明して原因を改善することです。なぜ初期段階で早く行動しなければならないのか?

髪の毛の成長は毛母細胞が重要な役割を担っているのですが、この毛母細胞は一度、活動を停止すると以前と同じ活動はしなくなります。つまり早い段階で育毛を進めないと毛母細胞の活動量が落ちてしまい抜け毛の段階によっては毛母細胞が復活せず髪の毛も生えてこなくなるのです。

男性型脱毛症=AGAは遺伝による影響が大きく個人で出来る範囲は限られるのが実情です、そこでまずは医療機関で受診する必要があります。まずは医療機関で診断してもらい自分の症状を正確に把握することです。次に医療機関で治療薬が処方されますが治療薬には2種類あります。

今回、紹介するのはそのうちの「フィナステリド」と呼ばれるものです。

「フィナステリド」は日本の薬の呼び名では「プロペシア」と呼ばれ、こちらの方が知られている薬です。元々は前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、副作用として発毛効果が発見され今では発毛治療薬として処方されるようになりました。

プロペシアは主に「飲み薬」として処方され、その効果は「5αリダクターゼ」の働きを抑制する効果があります。つまり男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつき構成されるヒドロテストロンが生成されにくくする働きがあるのです。ただし、プロペシア処方された初期症状には下記の副作用が報告されています。副作用は処方期間中のみで薬を飲まなければ副作用も止まります。

:眠気
:勢力減退
:初期脱毛(個人差があります。

AGA対策に「ミノキシジル」

男性型脱毛症=AGAは遺伝による影響が大きく個人で出来る範囲は限られるのが実情です、そこでまずは医療機関で受診する必要があります。まずは医療機関で診断してもらい自分の症状を正確に把握することです。次に医療機関で治療薬が処方されますが治療薬には2種類あります。

次に紹介するのはそのうちの「ミノキシジル」と呼ばれるものです。

ミノキシジルはフィナステリドと共に医療機関で処方される薬ですが元々は高血圧の治療薬として血管拡張作用の効果を高めるために開発された薬です。治験段階で投与した患者の多くに発毛効果が確認されたことから育毛剤として研究、製品化された薬です。フィナステリドもミノキシジルも元々は他の治療薬の副産物として生まれた薬なのです。

フィナステリドとミノキシジルのどちらが発毛効果が高いか?これはデータとしてハッキリ証明されていて「ミノキシジル」を投与した患者のほうが発毛率が高いと証明されています。

ミノキシジルよりも日本で有名な呼び名は「リアップ」です、内容は同じ成分ですが日本では一時、爆発的に売れたこともあり「リアップ」と言えば育毛剤とすぐに理解できるほど知名度があります。

リアップと同じくミノキシジル成分を使った薬がロゲインです。こちらもよく知られた薬ですが残念ながら日本では国内未認可製品のため医療機関では入手できません、欲しい場合は個人輸入となります。

ミノキシジルの効果を実感できるのは頭頂部の髪の薄さに悩んでいる人達です、もちろんM型男性型脱毛症の人も効果は実感できるのですが、ミノキシジルの特徴は頭皮頭頂部に効果が高く発毛する確立も高いそうです。

ミノキシジルも内服液として処方されますが元来、高血圧の薬なので常用するのは控えるほうが良いでしょう。服用回数や時間は厳守する必要があり副作用も当然でてきます。

ミノキシジルでおきる副作用

:低血圧になりやすい
:ニキビや痒み
:性欲減退
:多毛症

などが代表的な副作用です。

公開日: